読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

注文住宅で家を建てる!

土地探しから、ハウスメーカー選び、間取りなど…いろいろ、家を建てるまでの軌跡



「積水ハウス」は殿様だった…

土地の候補はある程度決まった…。

(記事「やっぱり住むなら海の近くでしょ!」参照)

 

今度は、建物について、検討していく。

考えているのは、こんな要件…⬇️

 

<建物>

  • せっかくなので、こだわりを反映した注文住宅にする
  • 工務店ではなく、大手ハウスメーカーもしくは建築事務所に依頼する
  • リビングが広く、概ねリビングで家族が集まることを必須とする
  • リビングの開口を広くとり、日当たりいいスペースとする
  • リビングを通り、それぞれの個室へ上がるなど、家族の接点を増やす
  • 収納が多く、部屋には物を極力置かないようにする
  • 将来的に子どもが二人担っても大丈夫なように、子供部屋を2つとする
  • バルコニーやテラスなど、心休まる癒しのスペースを持つ
  • 予算は、3000万円内(理想は2000万円内)

(記事「何処に住み、どんな家を建てるか…」参照)

 

果たして、予算内でこんな家ができるのか…相場感も全くない状態…。

わからないなら、調べるしかない…ということで、近くの住宅展示場を全て回り、情報収集することにする。

 

まずは、「積水ハウス」だ。

業界最大手であり、展示場内でも一際重厚感が漂う…。

f:id:nue0801:20160112130941j:plain

 

展示場内に入ると、まず受付の女性が出迎えてくれ、和室に通される。

そこで、アンケートをまず、記入することになる。

 

内容には、

  • 氏名
  • 住所
  • 現住居の形態
  • 勤務先
  • 年収
  • 希望敷地坪
  • 希望建て坪
  • 希望間取り
  • 希望地域
  • 自己資金
  • …etc

など、結構デリケートなことまで、突っ込んでくるなぁ…。

きっとこれで、客を見定め、担当を決めるんだろうなと思いつつ、正直に答える…。

 

アンケートを提出し、その後、出て来た営業は、恰幅のいい男性だった…。

40歳くらいだろうか…

 

その中年は、アンケートを眺めながら、質問をしてくる…。

 

「希望地域は、辻堂とありますが、すでに土地はお持ちですか?」

「敷地坪が40坪とありますが、広いところが希望ですか?」

「建ぺい率、容積率はどの程度でお考えですか?」

 …etc

 

心の中では、

「土地なんて持ってねぇよ!普通は持ってるの!?」

「こっちは、一坪がどれくらいの広さかもイメージついてねぇよ!」

「建ぺい率? 容積率? なんのことだか、サッパリわからん(T ^ T)」

と、イラつきながら…

 

「すみませんが、全くこれから勉強するので色々教えてください…(-_-)」

とお願いする…

 

隣の妻の顔をそっと覗くと、妻も明らかにイラついている…

 

その中年が、我々を見下したように、教えてくれたのだが、

 

建ぺい率・容積率のイメージ

「建ぺい率」とは敷地面積に対する建築面積の割合です。建築面積とはおおよそ1階の床面積と同じですが、壁と屋根付きの車庫も建築面積に入ります。

 

容積率とは敷地面積に対する延べ床面積の割合です。この2つによって、敷地に対する建物の広さの上限が決まります。

 

例えば敷地面積50坪、建ぺい率60%、容積率80%の敷地で2階建ての家を建てる場合、建築面積(≒1階床面積)の上限が30坪、延べ床面積の上限が40坪となります。

 

f:id:nue0801:20160112121707p:plain   

  出所)積水ハウス「sumai smile」

 

 

そう…。

我々は、この「建ぺい率」「容積率」も知らぬまま、家を建てようとしていたのだ…。

 

その後、中年営業は、一通り展示場を説明してくれた。

 

積水ハウスは、鉄骨も木造も両方やっているらしいが、その展示場は鉄骨だった。リビングの一面が全て窓になっていて、それは鉄骨だからできるのだと説明してくれた。

 

まさに、我々が考える、広いリビングと広い開口を適えるものだと思いつつも、中年営業のニヤけ顏が、どうも好きになれない…。

 

中年営業は、我々を冷やかし客だと認識したのだろうか、面倒くさそうにそそくさと説明を終え、積水ハウスの展示場を後にする…。

 

 

展示場を出て、妻に「どうだった」と聞くと…

 

妻:「なんか偉そうでムカつく…💢」

 

と一言…(汗)

私以上に、イラついていたのでありました…(ー ー;)

 

妻が、「しかも、名刺の裏見た?」と聞くので、名刺の裏面を見てみると、そこには中年営業の自己紹介文が…

 

出身大学:慶應義塾大学

趣味:…

年齢:28歳

 

私:「28歳!!!?」

 

妻:「そうなの、見えないでしょ!!」

妻:「28歳のお腹じゃないでしょ!!」

妻:「ムカつくよね💢 家建ててから偉そうにしろっつーの💢」

 

と、妻の怒りは収まらないのでした…(ー ー;)

 

さすがは、業界最大手。

我々ごときは、「お呼びでない」という感じでございました…(T ^ T) 

 

<関連記事>

nue-house.hatenablog.com

suumo.jp

sumai-smile.net

 

<推薦図書>

一生で一番高い買い物なのに、ハウスメーカー任せにして後悔する人が多いのがマイホーム。そうならないように家づくりのポイントを知り、各メーカーの強みと弱点を押さえ、望みをを叶えてくれるのはどこかを見極めたいもの。「間違いだらけのハウスメーカー選び」シリーズの著者が、ハウスメーカー18社を最新評価。「観るだけでいい家が建つ」DVD付き。

書籍名:絶対に後悔しないハウスメーカー選び
著者名:市村 博