読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

注文住宅で家を建てる!

土地探しから、ハウスメーカー選び、間取りなど…いろいろ、家を建てるまでの軌跡



「セキスイハイム」は、まるでロボット⁉️

次に向かったのは、セキスイハイムの展示場。

 

「帰りた〜い、帰りた〜い、あったかハイムが待っている〜」

 

で、おなじみのハウスメーカーだ。

 

f:id:nue0801:20160115132736j:plain

 

出てきたのは、入社2年目の営業マン…。

若いが、しっかりとした印象である。男前でもある…

 

外観の印象は…

プレハブっぽい…

 

聞くと、化学メーカーの積水化学が、セキスイハイムの親会社であり、化学メーカーとしての特徴が強いという。

 

=====================

ちなみに…

積水ハウスとは、積水化学の資本は入るものの、積水ハウスは純然たる独立系ハウスメーカーらしい…。

もともとは、積水化学の一事業として、住宅業を行なっていたのが、積水ハウスの前身らしいが、住宅事業から撤退時に、スピンアウトしてできたのが、積水ハウスとのこと。

その後、積水化学が、撤退していた住宅事業を再開させたのが、セキスイハイムであり、今はセキスイハイム積水ハウスとはなんのつながりもないらしい…。

 

ついでに…

積水化学旭化成は、もともとは同じ企業(水俣病で有名な日本窒素肥料)だったが、再編により分割し別会社となっている。

 

余談だが、まぎらわしい…

=====================

 

さて、セキスイハイムの特徴だが、

  • 外壁は全て工場で作り、現地では組み立てるだけなので、短期間で建築?できる。
  • 他社よりも太い鉄骨のラーメン構造を売りにしている。
  • 屋上など撥水技術に長けていて、得意としている。
  • 太陽光発電など省エネに力を入れており、有効利用することを推奨している。
  • 床下で冷暖房など空気調整している。➡️これが「あったかハイム」なのである…

 

f:id:nue0801:20160115134834p:plain

 

聞けば聞くほど、合理的というか、無機質というか…

大量生産、大量消費の発想なのである…

やはり、これもあって他社と比較すると安価というのも売りらしい…

 

展示場を出て、妻は一言…

 

まるでロボットみたい…

 

これには、私も同感で、家に求めるものが各社各様多少に違うのが面白い…

我々は、古臭い考え方なのかもしれないが、どうも木のぬくもりや昔ながらの和の要素を求めていることが、わかってきた…

その視点でいうと、木造住宅の方が、あっているのかもしれない…。

 

<関連記事>

nue-house.hatenablog.com

 

<推薦図書>

気鋭の環境学者が最新のデータで「常識のウソ」をただす。2020年義務化の新省エネ基準も解説。東京大学で省エネ住宅を研究する気鋭の研究者が、実証データやシミュレーション結果をもとに、一般ユーザーや住宅関係者が信じて疑わない“エコハウスの誤解"をバサバサと斬っていく。初版発行後に明らかになった新たな知見や、2020年の「省エネ基準義務化」などについて大幅に加筆。ユーザーにとってもプロにとっても、「本当のエコハウス」をつくるために必読の1冊。

 

書籍名:エコハウスのウソ 増補改訂版
著者名:前 真之