読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

注文住宅で家を建てる!

土地探しから、ハウスメーカー選び、間取りなど…いろいろ、家を建てるまでの軌跡



外観 〜家の顔どうする⁉️〜

家の顔、どうする?「外観」街にも家族にも似合う住まいに!

街を歩いていると、あの家素敵だなとか、かっこいい家だなとか思う事があると思います。自分達が家を建てる時、イメージ通りの外観にするためのコツをここでは学んでいきましょう。

 

f:id:nue0801:20160903002953j:plain

 

外観のテイストを知り自分達の好みを決めよう。

家の顔を構成する要素は屋根の形状、屋根材の種類、外壁のデザイン・色、装飾材などです。

それらの組み合わせで、外観のテイストは和風から洋風へとさまざまに広がります。

下記の外観イメージを参考に、自分たちの家族にとってどんな外観がいいかまずは決めましょう。

 

 

 

外観は間取りとセットです。

外観はプランに大きく影響されるので、先に間取りを決めた後に外観を考えると、なかなかうまくいかない事が多いです。

なので絶対こうしたいという外観がすでにある場合は、間取りづくりと同時に考える必要があります。

ただ中々自分達で同時に考えるのは難しいので、住まいづくりのプロである担当の営業や設計士にお任せするのがお勧めです。

その際にはしっかりとイメージを伝えれるように、希望の外観イメージの写真や切り抜きを見せましょう。

 

 

 

建てた後ずっと素敵な外観を保つには

年数重ねると屋根の色や外壁の色が変わって、外観は衰えていくものと諦めていませんか?

もちろんその都度リフォームして行くのもいいですが、コストの面から考えてもなるべくなら回数は減らしたいですよね。

そのためには経年変化の少ない屋根材や外壁を選ぶ事が大切です。

デザインにこだわると共に素材にもこだわって、いつまでも素敵な外観を保てるようにしましょう。

 

屋根材
一般的に昔ながらの粘土系の瓦の方がスレート系のセメント瓦より経年変化が少ないです。

瓦というと波型の瓦をイメージする人が多いですが、すっきりした平板瓦もあります。

 

 

外壁材
最近は壁面の汚れをセルフクリーニングするサイディングやメンテナンスサイクル30年のコンクリート系の外壁、また塗り替えの必要のないものまであります。

 

 

 

出所)積水ハウス「sumai smile」