読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

注文住宅で家を建てる!

土地探しから、ハウスメーカー選び、間取りなど…いろいろ、家を建てるまでの軌跡



空気環境・ユニバーサルデザイン 〜小さな子どもも、お年寄りも心地よく〜

健康的な住まいを考えよう!「空気環境・ユニバーサルデザイン」小さな子どもも、お年寄りも心地よく。

 

すき間が多く、自然と換気ができていた昔の日本の家とは異なり、気密性の高い現代の住まいづくりでは空気環境を整えることも大切なテーマ。

また、ここでは小さな子どもからお年寄りまで快適に暮らすための知恵「ユニバーサルデザイン」についても一緒に学んでいきましょう。

 

きれいな空気を保つには化学物質を出さない、換気をするの2点が基本です。

まずはできるだけホルムアルデヒド等の有害物質を発生させない事が大切です。

そのためには壁や天井のクロスはゼロホルマリン接着剤の物を使用する、内装仕上げ材や天井裏等の建材についてはJIS規格において最もホルムアルデヒド発散量の少ない建材を使用する等の配慮が必要です。できれば規制対象ではない柱等にも同等ランクの物を使いたいところです。

また室内の空気をきれいに保つためには換気ももちろん大切です。現在の住宅は強制的に室内の空気を入れ替える24時間換気システムの設置が義務化されています。24時間換気システムには色々ありますので、性能やイニシャルコストはもちろん、毎月の電気代として負担となるランニングコストも含めて考えましょう。

 

「ハイブリッド換気システム|||」システム概念図

 

 

さらにきれいな空気環境を実現するために

ホルムアルデヒド放散量の少ない建材を使用したとしても、家具などから化学物質が出ている場合は完全になくす事は出来ないものです。

そこで発生した化学物質を吸着する機能を備えた塗り壁やアクセントタイル、天井材等の使用を提案します。化学物質を吸着しながら、インテリアに風合いも加える事が出来ます。

また24時間換気システムの中には、冷暖房効率を上げながら外気をきれいにして室内に取り込む熱交換型換気システムもあります。花粉や黄砂、PM2.5などの大気汚染に関心が高まっている今、取り入れることを積極的に検討してみてください。

 

壁や天井などの内装材により、化学物質を吸着

 

「アメニティー換気システムII」概念図

 

サイクロンユニットの空気の流れ

 

 

「安全」「使いやすい」は当たり前。これからは五感にうれしいユニバーサルデザイン。

お子さまからお年寄り、妊婦さん、背の高い人、車椅子を利用する人など、できるだけ多くの人が安全・安心に使いやすくすることを目的につくられる「ユニバーサルデザイン」。

長く、心地よく暮らすための大切な要素ですが、これからはその「ユニバーサルデザイン」にも触り心地や美しさ、音といった「心地よさ」を求めてみませんか?

これまでの「安全」「使いやすい」に加え、五感で楽しむ要素も大切にすることで、選ぶときも、使うときも、もっと幸せな気持ちで過ごせるはずです。

 

 

 

出所)積水ハウス「sumai smile」