読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

注文住宅で家を建てる!

土地探しから、ハウスメーカー選び、間取りなど…いろいろ、家を建てるまでの軌跡



防火性・耐火性 〜火災から家族を守るために❗️〜

火災から家族を守るために!「防火性・耐火性」避難する時間を稼ぐことが大切

 

現在日本では約45分に一件の割合で住宅火災が起こっています。

そんな火災に対して家族を守るため家が備えておくべき事について学びましょう。

 

火災からはどれだけ素早く逃げれるかが重要です

平成25年度の建物火災により亡くなった方は約1,300人。その内の9割弱にあたる約1,100人の方が住宅で亡くなっています(いずれの人数も放火自殺等は除く)。それだけに住宅の火災に対する備えは重要になります。

亡くなった原因を見ると実に半数以上が逃げ遅れとなっております。つまり 家の防火対策ではまず避難時間を充分確保する事が求められます。火災警報器の設置が義務付けられている寝室、階段はもちろん、全居室につけるのが望ましいでしょう。さらに家中の警報器の性能を上げる事で、より早く警報に気付くことができます。

 

建物用途別の死者発生状況と住宅火災の死に至った経過別死者発生状況(放火自殺者等を除く)のグラフ ※平成25年中

 

 

もらい火から守るために、防火性能の高い外壁を取り入れよう

通常、木造住宅が火災を起こした場合、3m離れた隣家が受ける熱は840℃。つまりもらい火を防ぐには、わが家の外壁が840℃に耐えられる事が必要です。

そのため火災の通報から消火活動が開始される時間の約9割にあたる15分以内に燃えない事はもちろん、室内側の温度上昇も抑える外壁を採用して避難する時間を稼げるようにしましょう。

 

積水ハウス「ダインコンクリート」の加熱実験の様子。※ダインウォールの試験結果では、平均20℃以下の上昇で止まり、その高い性能が確認できました。

 

よりもらい火から強い家にするために

窓は法令で要求されない限り防火性能を有していなく、有るものでも住宅レベルでは防火性能20分が限界。隣家が火事になった場合は窓からまず熱が伝わってくるので、設計の段階で隣との窓位置をずらすという事が重要になります。

 

「もらい火から強い家にする設計例」 火災のとき、窓がずれていると安心。プライバシーにも配慮できます。

 

 

出所)積水ハウス「sumai smile」