読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

注文住宅で家を建てる!

土地探しから、ハウスメーカー選び、間取りなど…いろいろ、家を建てるまでの軌跡



人目を避けながら、景色を楽しむ

敷地は芦屋海の手に位置する分譲地。

無電柱で空が美しく、南は海、北は六甲山系が一望できる開放的な街です。今回の敷地はその中でも海の方にも山の方にも視界が抜ける好条件の土地です。

一方で西側にはフットサル場があって休日は賑わっており、またメイン道路に面している為、人や車通りも多く人目が少し気になるという一面もあります。

この土地で、人目を気にせずゆったりと景色を楽めるプランを考えていきます。

01 敷地環境について 人目を気にせず、ゆったり景色を楽しめるように。

f:id:nue0801:20160205162034j:plain

 

02 ゾーニング 海の水平線まで一望できる2階をメインの空間とし、屋外空間とつなげる事で、解放感のあるリビングに。

1階は寝室を配置。3方が道路、通路となっており、人通りも多い事から目隠しフェンスで囲い各部屋から出る事が可能なコートを設けました。

2階は真西にあるフットサル場への視線を避け、北西の六甲山系、南西の海を眺める開放的なプランとしました。

 

f:id:nue0801:20160205162607p:plain

1階に寝室、子ども部屋といった、プライベートルームを配置しています。

プライバシーを確保できるよう、窓の位置を考えています。またテラスもフェンスで囲っているので、外からの視線を遮りながら外の空気を楽しめます。

玄関は道路から直接見えないよう壁を立て、その前にシンボルツリーを植えます。

 

f:id:nue0801:20160205162938p:plain 

2階のリビングからは、フットサル上の視線を遮りながら、海と山の景色が楽しめるように窓の位置を設計。

和室とスタディルームからも景色を楽しめるよう考えています。

また、家事が効率的に行えるよう、キッチンを中心として洗面所とパントリーの動線もスムーズにしています。

 

05 外観 屋根の傾斜を活かして、大容量ソーラーパネルを。

 

外観は六甲山系の山並みにやさしく溶け込む2.5寸の緩勾配屋根にしました。

2階バルコニー上も含めて大きく屋根をかける事で季節の良い時期は屋内のように過ごして頂けるバルコニーとなっております。

また緩勾配片流れの屋根を活かして、全量買取が可能な10kWの大容量ソーラーパネルが設置可能な計画となっております。

 

まとめの時間

今回の敷地は道路やフットサル場からの視線をどうカットするか、山や海への眺望をどう生かすかがポイントでした。

敷地の周辺環境をしっかりと捉え、閉じる所は閉じ、開く所は大きく開く事で、より快適で解放感のある家になったのではないかと思います。

また収納を適材適所に設ける事も重要です。またリビングの傍らに家族の気配を感じながらも散らかしてもよいスペースを設ける事でリビングがいつもすっきりと片付くリゾートな住まいを実現できるのではないかと考えました。

今回のプランでは、必要な場所に収納を設けると共にダイニング横に設けたスタディルームがポイントでした。

家族の気配を感じながらそれぞれの場所でゆったりと過ごすリゾートなすまいができたのではないかと考えております。

 

出所)積水ハウス「sumai smile」

 

 

<関連図書

くらべて楽しい間取りの図鑑。間取り事例を84×2=168件分収録し、写真も満載、ポイント解説も満載の非常にお得な1冊です。

書籍名:間取りのマルとバツ (エクスナレッジムック)