読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

注文住宅で家を建てる!

土地探しから、ハウスメーカー選び、間取りなど…いろいろ、家を建てるまでの軌跡



「ミサワホーム」の現地見学会は、グダグダ&椀飯振舞い⁉️

へーベルハウスに続いて、ミサワホームの現地見学会に行ってきた…へーベル同様に、建築現場1件、入居済宅2件のスケジュールである。

 

待ち合わせは、住宅展示場。バスに乗り込み、1件目の建築現場へ向かう…

ここまでは、へーベルの現地見学会と同じであったが、その対応が全く異なる…

 

へーベルでは、営業マンや受付が大人数集まり、出迎え・見送りするのに対し、ミサワでは、(おそらく)入社1〜2年目の若手4名でこの見学会を運営する

(記事「「へーベルハウス」は、まるでホストとキャバ嬢…⁉️」参照)

 

バスの中では、ミサワの構造などの説明を営業が行うが、その説明がグダグダ

建築現場近くに、バスが停車できなかったようで、バスの運転手と口論に

結果、建築現場から離れたところに停車し、20分も歩く羽目に

 

この辺りから、客もイライラし始める…💢

 

建築現場は、ミサワの売りでもある木質パネルのモノコック構造の建物…パネルだけで組み立てらてた構造は、説明を受けていた「耐震性」「高気密」「高断熱」の納得感を高めてくれる

(記事「「ミサワホーム」は、押しが弱い…。」参照)

 

f:id:nue0801:20160208160614j:plain

 

で、また20分かけてバスに戻る

建築現場が寒かったせいか、数名の客が近くのホームセンターのトイレに駆け込み、出発がまた遅れる

結局、バスが出発したのは、建築現場を出てから40分後

 

いよいよ、怒鳴り出す客まで出る始末…(ー ー;)

 

そこから、2件目3件目の入居済住居にお邪魔したが、営業と客とにできた溝がヒドイ

営業がいくら説明しても、話すら聞かない客まで現れる

そして、お構いなしに、自分の見たい箇所だけ見て、すぐにバスに戻ってゆく

せっかく見学に自宅を提供した施主にも、申し訳ない気分になってくる

 

ミサワは、入社1〜2年目の若手に対し教育の一環として、この見学会を運営させているのだろうが、その考えには理解するものの、あまりにお粗末である…(ー ー;)

 

 

入居宅の感想を述べると、ミサワの売りである「蔵」は非常に小さく、これであれば「小屋裏」でいいんじゃないかと思えるくらい…。

住宅展示場であるような大きな「蔵」を取り、その上をスキップフロア(1.5階)にし、つながりのある空間では、けして無い…。

おそらくであるが、大きな「蔵」を作ると、その分だけ建築費が増すため、優先順位が下がるのであろう。作るとしたら敷地・建物の広さに余裕がなければならないし、建築費にも余裕がなければならないのだと、推察する…

 

 

帰りのバスは、まるでお通夜のよう

客の多くは、イライラを隠せず、営業マンの説明には誰も耳を貸していない

 

で、バスが向かった先はというと、飲食店…昼食はなんと懐石料理という…

昼食付きとは聞いていたが、弁当が配られるだけかと思っていたため、これには客も大喜び…なんとも現金なもんである…(-_-)

 

到着した飲食店では、それぞれの客の担当営業がお出迎え…

提供されたのは、豪華な豪華な懐石料理…

営業と相席にて、食事をとりながら、フランクに商談がなされる…

そして、最後にお土産にボトルワインまでふるまわれる…(-_-)

 

やっぱり、ミサワは椀飯振舞いなのである…(-_-)

(記事「「ミサワホーム」は、お金の使い方を間違ってやしないか…⁉️」参照)

 

頼むから、グダグダな営業の人件費とこの椀飯振舞いな接客対応費の分だけ「蔵」を作る費用を安くしてくれ…‼️

と、言いたくなった1日でした…(ー ー;) 

 

<関連記事>

nue-house.hatenablog.com

 

<推薦図書>

大反響の前著をしのぐ、前代未聞のプロジェクト敢行!実際に家を建て、ハウスメーカーの家づくりを実名評価。すべてドキュメントでお見せします!建築現場で続出する事件、メールに残された闘いの軌跡、ハウスメーカー24社の得意不得意、裏事情も満載。

書籍名:間違いだらけのハウスメーカー選び〈2〉実践編―ハウスメーカーで「いい家」を建てたい!
著者名:市村 博