読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

注文住宅で家を建てる!

土地探しから、ハウスメーカー選び、間取りなど…いろいろ、家を建てるまでの軌跡



ハウスメーカーは、結局営業マン次第なのではないか…

建物を積水ハウスにしなければならないのか…

前述記事「積水ハウス分譲地「コモンヒルズはるひ野」がいいぞ‼️」で書いた通り、我々にとって理想の土地が見つかった。

だが、そこはハウスメーカーを選ぶ中で、見送った積水ハウスの建築条件付土地の為、必然的に積水ハウスに建物を依頼しなくてはならない。せっかく色んなハウスメーカーを見学し、ミサワホーム住友林業に絞り、そのデザインや木質感の家に惹かれていたのだが、その土地を選ぶのであれば、それが叶わないかもしれないのだ…。

しかも、積水ハウスにはあまりいい印象を持っていない。最大手であることはもちろん安心感にはつながるのだが、展示場であった営業は、若いのになんだか偉そうで、好きになれず…そして、その提案も標準的なパッケージプランを出すだけであり、我々の要望を汲み取ってのものでなかった…。そして何より見積が高い…。

 

<関連記事>

nue-house.hatenablog.com

 

この営業を担当から外す…

この土地がいい、という気持ちと、積水ハウスは嫌だ…という気持ちがありながらも、展示場であった若手営業マンに会い、分譲地の詳細を聞きたいと打診する。すると、思いもよらなかった返答が、

 

営業:「営業は、どうしますか?」

 

どういう意図か確認すると、積水ハウス内の営業ルールで、各展示場の営業が継続し担当するか、分譲地担当の営業が改めてつくかは、顧客の意向に委ねられるという…。

 

妻:「それなら、現地に詳しい方に担当いただいた方が、互いにいいですね…」

 

妻ながら、さすがである…。

反応が早く、そして賢明だ…(ー ー;)

 

この営業はできる…

こうして、我々は少なくとも、この嫌な営業マンから担当を変えることに成功したのである。あとは、積水ハウスがどれほど我々の要望を汲んでくれるのかが残る…

この嫌な営業から紹介を受け、現地近くの分譲地事務所に訪れると、定刻には事務所玄関で直立不動で立つ男性が…。年齢は40代半ばだろうか、各社ハウスメーカーの展示場には、若手の営業マンばかりだった為、やはりその身のこなしには余裕が感じられ、そしてスーツやネクタイ、靴などもスマートな印象である。

 

席につき、軽い挨拶を済ませると、その営業マンが私に尋ねる…

 

営業:「ご主人は何のお仕事をされてらっしゃるのですか?」

私 :「なぜそんなこと?」

 

と聞きたところ、面白い回答が…

 

「お仕事の内容がある程度分かれば、お薦め出来る家のイメージが出来るからです。あくまでイメージですけどね…」


ほほう、面白いことをおっしゃるなと…

 

<関連記事>

nue-business.hatenablog.com

 

この営業マンに心酔する…

それから、実は積水ハウスではなく、ミサワホーム住友林業に惹かれていたことなど、建物や見積について不安があり、その点も確認したいと述べると、その営業マンはただひたすら我々の要望を聞き、けして自社の商品のことを語らない…。

一通り、我々が要望を語りきったのち、その営業が一言…

 

「◯◯さんは、きっと木質感の高い、邸宅風住宅がお望みなのですね…」

 

そして…

 

「そうであれば、鉄骨でなく、当社にはSHAWOODという木造の商品もございます。」

 

f:id:nue0801:20160323154913j:plain

 

な、なんと…

 

私 :「以前の営業の◯◯さんは、そんなこと一言も言わなかったですが…」

営業:「申し訳ありません。本来良くないのですが、◯◯は鉄骨部門の担当な為…」

 

な、なんと…

 

私 :「それであれば、是非鉄骨との差を比較しながら、木造の話を聞きたいです。」

営業:「それと、予算については、現時点では各社見積は参考になりません…」

 

な、なんと…

 

聞くと、現時点での見積は、各社の戦略的意図によりいかようにも操作でき、それこそ建物の形状、屋根形状、内装のグレード、床材等のグレードを一つ変える度に見積は変わる為、参考にしないほうがいいとのこと。要は、最初に高く出しておいて、徐々に引いていく会社や、最初は低く見せておいて、徐々に上げていく会社など、それぞれ会社のスタンスや営業のスタンスによって、あるらしいのだ。

 

営業:「まずは要望を全て叶えた時にどれくらいかかるかを見積ましょう。」

営業:「で、それからは互いの努力です。」

営業:「私は、仕入れや社内キャンペーン等の値引きを最大限頑張ります。」

営業:「◯◯さんは、何を重視するのか優先順位を明確にしましょう。」

営業:「予算は、最終的には、皆さんなんとかご納得されますから^^」

 

もう、我々はこの営業に心酔なのである…。

 

続く…

 

<推薦図書>

キャリア20年のカリスマ・インタビュアーが、みずからの仕事と私生活で活用している「毎日が10倍かがやくコミュニケーションのコツ」をお教えします。

書籍名:1万人インタビューで学んだ「聞き上手」さんの習慣
著者名:佐藤 智子