読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

注文住宅で家を建てる!

土地探しから、ハウスメーカー選び、間取りなど…いろいろ、家を建てるまでの軌跡



キッチン・ダイニング 〜間取りで料理や食べ方が変わる⁉️〜

間取りでお料理の仕方、食べ方が変わる!「キッチン・ダイニング」理想の過ごし方を考えよう。

 

食事は毎日の出来事、つくるのは素早く、食べるのは家族団らんでゆっくりとというのが理想でしょうか?

お料理の味だけではない、あなたにとっての「おいしい365日」を叶えるために、
キッチン・ダイニングについて学んでいきましょう。

 

キッチンはどう食べたい、どうつくりたいから考えよう

キッチンは最初ついつい収納や調理器具にこだわってしまいがちですが、まずは家族の食べ方から考えましょう。朝夕ともに揃って食べる家族と食べる時間がバラバラの家族、二世帯の家族では欲しいキッチンのタイプも違うはずです。

 

まずはどう食べたいか?から出発して、ダイニングとの関係も考えてつくりましょう。

 

もうひとつはどうつくりたいか?です。

誰がつくって、誰がかたづけるのか? 本格的なプロの味を目指しているのか、普通でいいのかでは選ぶ機器も違ってきます。

 

あなたらしいつくり方、食べ方を研究しキッチンに家族の持ち味を出してみましょう。

 

 

ライフスタイルに合わせてダイニング・キッチンスタイルをイメージしよう。

ダイニングとキッチンのつながりは、ライフスタイルとマッチする事が大切です。

散らかりがちなキッチンの手元を隠すのか、それとも開放感をより出すために隠さないのか等をライフスタイルに合わせて考えてみましょう。

 

ここでは代表的な5つのダイニング・キッチンスタイルについて特徴をまとめていますので、考えてみてください。

またどんなキッチンレイアウトを組み込むかで、キッチンイメージが完成します。

 

代表的な4つのレイアウトも見てみましょう。

 

DKスタイルの代表例

  • オープンスタイル/DK一体タイプ ダイニングとキッチンをワンルームにまとめることで、お料理の配膳や後片付けがスムーズに行えます。 主な特長 ●動線がコンパクトにまとまりやすく、ダイニングテーブルをお料理の作業台としても使いやすい。●比較的コンパクトなスペースでプランニングでき、二世帯同居のサブDKなどとしても有効。●ダイニング中に背中を向けてお料理するため、家族の顔を見ながら会話を楽しむことが難しい。 オープンスタイル/アイランドタイプ 開放的で空間が広く感じられ、多方面から囲めるので家族や友人と一緒にお料理が楽しめます。 主な特長 ●開放感にあふれた広々とした空間でお料理でき、ダイニングの家族ともコミュニケーションしやすい。●ワークカウンターがフラットなので、多人数で囲みやすく、子どもたちのお手伝いも得やすい。●散らかっていると目につきやすく、キレイに保つことがストレスになることもある。
  • セミオープンスタイル/対面カウンタータイプ 散らかりがちなキッチンの手元を隠しながら、開放的な雰囲気とダイニングとの一体感が得れます。 主な特長 ●ダイニングの家族とコミュニケーションを楽しみながらお料理できる。●コンロ部分が壁で覆われているので開放感は制限されるが、熱気の広がりなどを抑えやすい。●対面カウンターがあることで、朝食などの簡単な食事に活用しやすい。 セミクローズドスタイル/対面タイプ 吊り戸棚によって収納量が確保でき、キッチンが適度に目隠しされるので散らかりが気になりません。 主な特長 ●開放的な雰囲気には欠けるが、ダイニングの家族とコミュニケーションを楽しむことは可能。●カウンター上部の吊り戸棚によって収納量が増やせ、適度な囲われ感を確保できる。●比較的お料理に専念しやすく、対面式なので配膳や後片付けもスムーズに行なえる。
  • クローズドスタイル ダイニングとの一体感をなくして独立したキッチン空間とすることで、お料理に専念しやすくなります。 主な特長 ●ダイニングからの視線を気にすることなく、多少散らかっていても気になりにくい。●お料理に専念できる作業性重視のキッチンや本格的なキッチンをプランニングすることができる。●ダイニングの家族とコミュニケーションしにくい。

 

キッチンレイアウトの代表例

  • Ⅰ型レイアウト シンクやコンロなどを一列に並べた、最もオーソドックスなレイアウトで、コンパクトなプランニングにも対応できます。 Ⅱ型レイアウト Ⅰ型レイアウトを二列に組んだレイアウトで、積水ハウスが提案する'セパレートキッチン'が、このⅡ型レイアウトです。 

  • L型レイアウト 効率の良いキッチン動線が計画しやすいレイアウトですが、コーナー部分がデッドスペースになりがちです。 U型レイアウト 広いスペースを必要としますが、作業空間全体に余裕が生まれ、収納量もたっぷりと確保できます。

 

作業しやすいキッチンを考えよう

キッチンを考える上で意識していただきたい事として、「段取り良く料理できる」「配膳しやすい」「かたづけやすい動線」「作業動線」です。

  • 大家族になると量も回数も多く、キッチンがラッシュ状態になる事もあります。
  • キッチンにはたくさんの台所用品があります。
  • どのような機器をどう配置し、収納するのか考えましょう。
  • 基本は使う場所の近くに収納する事です。
  • 缶詰などストック品の置き場所をあらかじめ計画するのもポイントです。
  • また意外と広すぎるキッチンも使いづらかったりします。

動きやすいサイズをモデルルームなどで確認しましょう。

 

キッチン動線は、ワークトライアングルからワークスクエアへ。 最近、電子レンジを使った調理が増えてきたと思いませんか。これまでのキッチンの作業動線は、シンク・コンロ・冷蔵庫の3ヶ所を結んだワークトライアングルを指標に考えられてきましたが、これからは電子レンジを加えた4ヶ所が重要になります。特に工夫しておきたいのが、新しく加わった電子レンジの配置。コンロの背後や横並びの、できるだけ加熱調理スペースの近くに配置するのがおすすめです。

 

我が家に合った食卓をイメージしてダイニングの空間づくりを考えよう

空間プランが決まってから、ダイニングテーブルをあとで考えると、本当にわが家の食スタイルに合った空間が実現しにくくなります。

たとえば丸テーブルは、人数が増えても対応しやすい事が魅力ですが、少し広めのスクエアなスペースが必要になります。

またダイニングとリビングを分けてとれないときに有効な、L字型ソファを使ったカフェダイニングの場合は、事前にプラン作りに組み込むことが大切になります。

食べる場所をどうするかをプラン作りの前に考えてみましょう。

 

 

 

自然を感じながら食べるダイニングを見てみよう

例えば四季のうつろいを感じる事のできる豊かな緑に囲まれて食べると、普段の食事がよりおいしく感じる人は多いと思います。

窓外の風景を眺めながら食卓を囲んだり、庭に出て明るい陽射しを浴びながら食卓を囲む、そんなダイニングの形をここでは見ていきましょう。

 

サンルームのような開放感あふれる計画。適度な独立性を持たせることで、お客様をおもてなしするフォーマルダイニングとしても使用できます。/内と外がゆるやかにつながる新しい食空間'アウターダイニング'。光や風、緑の眺めを楽しみながらの食事は、これまでにない心地よさに包まれます。

 

出所)積水ハウス「sumai smile」

 

<推薦図書

「毎日使う場所だからこそ、自分らしいキッチンを作りたい」そう思っている人は多いはず。でも、いざ実行に移すにはどうしたらいいのでしょうか?この本には、建築家やオーダーキッチンショップなど、「キッチンのプロ」と相談しながら作った、とっておきのキッチン実例が詰まっています。使い心地の良さはもちろん、インテリアやキッチン設備、動線や機能性など、キッチンへのこだわりは人それぞれ。新築やリノベーションに役立つアイディアが満載です。この本1冊で、「いつまでも美しく使える、あなただけのキッチン」を手に入れる方法がわかります! 

 

書籍名:いつまでも美しく使えるキッチンのルール (エクスナレッジムック)
著者名:エクスナレッジムック